2008年11月15日

月配列の長所と短所

Fc2ブログとどっちに書けばいいのか分からなくなったので、とりあえずこっちに書いてみる。

月配列を導入して5日。月配列スレでさんざん語られていたシフト側の濁音・半濁音が3打鍵になるってのが気になってしょうがない。拗音も合わせると4打鍵。[じゃ]って打つのに4回もキーを叩かなくてはならない。
これは、月配列2ー263のシンプルさ故なので、そのシンプル縛りを取っ払ったのが、月配列3-285改とか、Uxシリーズで、不満があったら自分で何とかしようぜってのが月配列のやり方だと思う。
というわけで、まさかのキー配列自作の流れ。
その前に月配列標準と言われているこの2ー263配列で楽に打てるようになってからだけど。
ちなみに、月配列の前は、ほとんどの人がそうであるようにローマ字配列を使っていた。乗り換えてからは全ての文章を月配列で書いている。

2008年11月4日

ぞんで8面が進まない

8面が当初の印象より優しいと感じてはや一週間。蒼穹の力の前では後半に辿り着くのが精一杯だった。
なんで死ぬのかよく分からない。不思議な死に方ばかりで嫌になっていた。
電璃ちゃんなら、ほとんどの玉が即死且つまとまっているので、弾に触れる=死が明確だったが、蒼穹は密度の高い弾の隙間を縫うように動かなければならない。そんな感じでボコボコ死んでおります。
TOURINGでプレイして安定して8面後半までいけるので、クリア目前だと感じていたけど、ここにきてモチベーションダウン。
ちょっと電璃ちゃんとの試合で興奮しすぎた。