2009年8月27日

24で2局対戦して惨敗

1局目
後手番で8四歩ついたら矢倉に。とりあえず形だけは知っていたので組めたが、それ以後さっぱりで時間切れ負け。
知らない戦型だと読みを進め難いと知った。
相手は早石田か矢倉を使用している模様。対策必要だなあ。

2曲目
はじめての筋違い角。
受けを思いっきり間違い角の効きを見落とすなんてミスの連発で最後には王手さえ見落とし反則負け。
さすがにこの惨敗は精神にクルものがあった。
相手は筋違い角向かい飛車を多用している模様。向かい飛車の対策も必要なのかなあ。

24で3局指して
  • 1局目:王手放置の反則負け
  • 2局目:時間切れ負け
  • 3局目:王手放置の反則負け
というすさまじい反則のあらし。まともな決着がない。
これはやヴァい。
ミスを減らす工夫が必要と痛切に感じた。

後手番で指す戦型を考えないとなあと思った。
とりあえず後手番矢倉は急戦したいので調べた結果矢倉中飛車が良いとのこと。しかし、相手が7七銀で角道を止めるか6六歩で角道を止めるかで正否が分かれるらしいが、俺のレベルではほとんど関係ないだろう。

0 件のコメント: