2009年10月8日

将棋 24の将棋観戦が面白い

将棋倶楽部24の高段の将棋観戦は上達する方法としてよく上げられている。
棋譜並べとどうちがうんだ?解説のある棋譜並べの方が優れているだろ、とあんまり乗り気じゃなかったが、いざやってみるとかなり面白い。

理由は簡単で、誰かが30秒次の一手の連続と表現していたが、自然と自分の読みを入れているのだ。
とても実践的で、駒が当たっている場所、角道、自玉の危険度などを意識して読みを入れる訓練になる。
観戦自体もリアルタイムなので臨場感が合って良い。

最近は将棋は指してない。飽きたとかじゃなくて、対局をする気になれない。定跡を並べるのは好きなので、近頃は早石田の定跡を並べてる。こういう超急戦の将棋は次の一手が妙手だったり強引だったりで面白い。ともに居玉だったりするところも素敵。

0 件のコメント: