2009年11月30日

将棋:戦法について(R190)

先手なら7六歩ついて角換わりを目指して、後手なら3四歩で横歩模様にする。
このとき相手が居飛車党だと横歩模様になるんだけど、その場合角交換するか角道閉じるかの2択で、横歩、相掛かりにはならない。
その中自分の角換わりの勝率はかなり良い感じ。その代わり対振り飛車の戦績が非常に悪い。
レートは190に。ずいぶん上がった。レートより実力向上が大切。レートが下がることを恐れて対局を怖がらないようにしたい。

今参考にしている本。
「勝つ将棋!攻め方入門」入門用の本。手のつなぎ方を学ぶ感じ。
「棒銀の戦い」加藤一二三著の古い本。祖父の棋書。角換わり棒銀はここから学んだ。
「3手詰HB2」詰め将棋も必要だろうということで。ほとんどの問題を覚えてしまった。
「ひとめの手筋」網羅系。
「終盤の手筋」終盤の網羅系。
「将棋基本戦法居飛車編」祖父の棋書。横歩取りとかはここ。主な定跡の本筋が分かって良し。変化?しらね。
「手筋の教科書」1巻と3巻。詳しい解説の手筋書だがちょっと難しい。
「将棋世界・近代将棋 」祖父が所持していた雑誌と自分が買ったもの。棋譜並べ用。
「必ず勝つ基本手筋」祖父の棋書。原始中飛車・原始棒銀対策用。
ほかにもあるけど、あまり読んでいない。「寄せの妙手」「現代三間飛車の定跡」・・・。

戦型:角換わり
▲相手-△自分(勝ち)
▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲7八金△8五歩▲7七角△同角成▲同金という手順。
相手の金の悪形があとあとまで響くことに。この角上がりは実は珍しくないのだ。
なぜだろう?自分なら絶対にこんな手順やりたくないが…。この後阪田流向かい飛車にしては飛車先の歩が負担だし。▲6六歩を忘れた、というのが本当のところかもと思っている。

図は先手が「5筋から」強襲してきたのを飛車の頭を叩いて反撃に転じたところ。後手駒得が大きいが玉形が薄すぎて先手の攻めがふりほどけないと勝てなさそうという感じ。
この手で相手が回線遮断。中断、再開を経て、またこの手を指した。いい手だと思ったからだが、ボナ先生と同じ手だったのは嬉しかった。
この歩の叩きが成功して勝利。
ボナ先生に聞くと、序盤で馬作って5筋の守りに馬を引いて先手の攻撃を押さえれば良かったらしい。その手順は考えたが攻め切られそうでやめたのだった。
「漠然とした恐怖で指し手を選んではいけない」と上達するヒントに書いてあったので、良く読みたい。
この言葉、箴言ですね。ホント、低級の癖に感覚で指すことが俺は多い。むしろ低級だから手が読めなくて感覚で指しているのかもしれない。読みの力を上げるためには実戦で良く読み、詰め将棋を解くことが必要だと思う。

実はこれ昨日の対局なのだ。
今日は酒飲んで気絶して将棋どころじゃなかった。頑張らないと低級脱出に1ヶ月は無理だな。
最近克己心が大切ととみに感じている。

0 件のコメント: