2010年2月10日

紫色のクオリアの感想


紫色のクオリアを読み終えた。クオリアというテーマからずれることのない話だった。
本作でのクオリアを簡単に説明すると、自分の見え方と、他人の見え方は共有できない、という一言になるだろう。 人と人とは全く異なる見え方をしている。しかし、そこを認めて、はじめて友達になれる、というような話なのだ。
本作のメインは2話だろう。主人公が平行世界の自分と会話をする、という設定、そしてひとつの目的に向かい、邁進する。ここからSF的用語(物理学の用語か)が頻出するが、しかし、それらは書かれているだけで、超常現象の説明にしかなっておらず、血と肉として物語の骨格を形勢するには至らない。
2話を読んでいて、思い浮かんだのは、玩具修理者の酔歩する男だった。酔歩する男は波動関数の収束を用いたホラーなのだが、こちらは本作2話の雑多な繰り返しより、うまく繰り返す人生を描いている。酔歩する男の発表会のエピソード・受験のエピソードが、丁寧に書かれているので、そう思うのだろう。酔歩する男の波動関数の収束は、しっかりと作品の骨となっている。本作の2話での波動の収束は、1行で1人生を語るスピードであり、言葉遊びの域になっている。もっと数を減らして、1エピソードを丁寧に書ききって欲しかった。そうすれば、2話はもっと良くなっていただろう。
また、こうした輪廻の話として、ドグラ・マグラも思い起こされる。こちらは語るまでもなく有名だが、似たような輪廻の話があったように思う。ドグラ・マグラの徹底した描写の細かさは、本作と比すと際立つものと分かる。

2話目のアイディアを秀逸に扱った他の作品を読んでいて、それらが思い出されたために、本作の印象は、何かとうすっぺらくなってしまった。
宇宙、輪廻、人生、という壮大なことを書きたがるのは、科学者が、この世の理を解明したいと思うのと同じ、作家も、この世の理を自分なりに構築したいのだろう。世界の構造、という壮大なテーマを扱った話は数多にある。本作も、そうした一作の一つだったが、その他大勢に埋もれないのは、クオリアというテーマを忘れず、一貫したからだ。
ただ、それを語るのに、2話の波動関数や観測の話は過剰装飾で、話の骨格が幾分見えにくくなっているように思う。テーマは良く、読後感も良かった。自分の見えているものは、自分にしか見えないもの、ということも実感できた。なら、もっとそこにこだわった話を読みたかった。
ちょっと足りない、そんな印象の小説だった。

2010年2月2日

将棋:はじめての穴熊(R296)

ここ一週間ほど入院してた。肺の病気で。肺は怖いね、放置してると死んじゃうからね。2度目なんだけど、もう持病の域かね。

入院中は暇なので、本を読むんだ。
テッド・チャンの短編集、あなたの人生の物語を読了したよ。これ、顔の美醜について、が一番面白かったね。認識が内面を変容させるっていうのが作者の一貫したテーマらしいけど、それが一番うまく表現できていると思うよ。他に面白かったのは、バビロンの塔・あなたの人生の物語・地獄とは神の不在なり、かなあ。描写が無味乾燥なのがちょっと入院中の精神には合わなかったね。

で、次に志賀直哉の暗夜行路に手を出したりしたんだけど、本題はそこじゃなくて、将棋の本「終盤の手筋」を読んだってことにあるんだわ。
手筋は重要って思っていたので手筋本はいっぱいあるのね。でも、こう、パラパラめくるんだけど、なんだか頭に入ってこなくて。静かな環境で読みを入れて読むといいねー。実になっている感じがするよ。
退院してから、2chみたけど、右玉スレとか棋書スレね、そういう戦法の相性とか優劣なんかを語ったり、棋書の良書とかを探したりするより、手持ちの本を読んだ方が面白いしタメになるって、やっと実感したんだ。

いずれ相手をするだろうとは思っていた振り穴の、四間穴熊と初対局。
戦型:四間穴熊対銀冠
▲自分(勝ち)-△相手

さっき話した「終盤の手筋」に穴熊を上部から崩すのが載っていてさ、それをめざして銀冠にする予定の局面。相手が角交換しようぜって迫って来たので、一回断ってから6筋の位を取った。何か構想があったというより、なりゆき上こんな形にって感じ。四間穴熊への対策知らないからね、もう見よう見まねで…。
この局面玉と銀が反対だったら高美濃で、この時点で戦い起こってもいいんだけど、角交換したのを形とばかり同銀と取ってしまったからね、こんなことになってしまった。
銀冠は手数掛かるね。ホント。普段舟囲いだから、余計そう思うわ。

図は最終盤。次の決め手を見越して、7筋に飛車を寄った。その決め手は7三飛成!
取ると詰み。取らないときはあまり考えてなかったけど、まあ、9三竜ぐらいでなんとかなってるんじゃないかな、と対局中は考えてた。相手は取ったから、これで詰みだ!と勝ちを確信したけど、実は細かいところは分かってなかった。
同金以下、同馬、8二銀、93香(詰まし方が分からず時間稼ぎ)、92香合、8三桂、8一玉、7一桂成(この手が分かって詰みがやっと分かった)、同銀、91金まで。

桂香はがして、3枚穴熊が豆腐のよう崩れた。爽快だったね。自玉なんて金銀の守りゼロだからね。怖い怖い。

対四間飛車対策にまた一つ、穴熊が増えた。囲い崩しの項目に穴熊も…。
本体局の通り、四間穴熊には銀冠一本槍でいくつもり。最有力らしいからね。
実は最近玉頭位取りに憧れがあって、というか、位取り全般に憧れがあるんだね。位取って押しつぶす将棋に。おれはそういうのが向いているのかも。将棋知らない頃から玉頭位取りはやってたしね。ボロボロになったけど。美濃も穴熊も上部からたたきつぶしたい。本局も端攻めと上部からの殺到で倒したようなもん。

そんなわけで、これからもたらたら将棋やるかなって感じ。この話し言葉の文体は普段の鯱張る文体よりかなりフランクで、言いたいこと書けるから、良い感じだと思うよ。長くなるのが難点だけど。