2010年5月24日

何度でも将棋

「うーん、将棋、ね。また?学ばないのな…もういうことないよ」
って感じで呆れられてしまうほどに将棋ばかり(勉強はなし)という日々です。

大和証券杯
 羽生-三浦名人戦第5局カードは羽生の勝ち。最後の詰み見事だった!羽生さんは飛車切った時点で読み切っていたというが変化も結構めんどうだった。でもプロはひと目なんだろうなあ。4四桂の時点で解説の田中寅彦も詰みに気付いていた。
これをみて、やっぱり将棋は終盤だ!と思ったところ。

駒得に目覚めた
最近詰め将棋を全くやっていないので、駒割に敏感になった。ちょっと前までは歩損なんて気にもしなかった。特に歩の拠点に金銀打ち込んで相手の金駒をはがすとき、歩一枚損をする、なんて全く気にしていなかった。ここに気付かせてくれた右玉には感謝です。

戦型は相居飛車模様になったら(相手が飛車先の歩を突いたら)自分から角交換して角換わりに持ち込むことにしました。先手腰掛け銀相手の後手棒銀の指し方を知って棒銀の幅も広がった。

悪循環?
でも相変わらず、本気で将棋をしよう、と思っていないのでレートでは指していません。もっぱらフリーです。レートで指すなら詰め将棋とか手筋の勉強してから…という転ばぬ先の杖みたいな考えがあって、レートではなかなか指す気になれません。勝ちたいのならもっと勉強してからと思っています。しかし、勉強しようと思うと、そもそもなんで将棋指しているんだ?やめたんじゃないのか?と自問し、やめてしまいます。しかし、ネットやると2ちゃん将棋板見たりニコ生みたりで将棋指したくなります。そして「遊びだから」という理由で将棋指します。
うひゃー、ぼくの性格終わってますかね。精神が駄目ですね。

アニメの感想
WORKING!!
いちばん面白さが安定しているアニメになってしまった。登場人物が可愛いだけでなくキャラが立っているのがいい。特に伊波さん。

いちばんうしろの大魔王
勇者ブレイブって何だ?なんだか意味分からないアニメになっていた。

四畳半神話体系
マルチ商法の話。やばい。面白いけど、しかしこれはいいのか?ちょっとあぶないぞ。

B型H系
(‘ワ‘) フツー

2010年5月18日

またまた将棋

「え、なんで将棋指してるの?やめたんじゃなかったの?」
「うーん。ギャンブル中毒なのかも…。ついつい手が伸びて…」

という感じだ。尚、いつものことながら将棋の勉強はしていないぜ!対局ばかりだ!

フリーで指す。相右玉・対三間乱戦・対立石流・対四間玉頭位取り。1勝3敗。初段の人に「実力初段あるかも?」と褒められ嬉し恥ずかし。しかし、そんなわけないのは重々承知。下記の対局がそれを証明していますす


日が沈み、また将棋が指したくなる。今度はレートだ!勢い込んで指す。
対中飛車。ずっと受けていた。相手が投了してくれてなくて困った。もう将棋やりたくないという対局になってしまった。
角交換中飛車になった。図は相手からの角交換を同玉と取り、3三角打ちに桂馬を跳ねたところ。戻って25歩で57銀なら66歩で角道がとまり形がよかった。
図から後手の守りの右銀がどんどん上がってきて、こちらもそれに合わせて上がり(この手が悪かったな)5五で清算が行われた。



図は5五で清算の後、△55飛・△3三角の形から、▲66角と打って、△5二飛、▲3三角成、△同桂、▲24歩と指したところに桂馬が跳ねてきた図。こうなっては、もう金駒と桂馬が交換に成る展開は避けられない。ここでは完全に失敗している。こうなるなら誰でも中飛車指しますという図かな。
ここで問題なのは先手陣。7八銀が入っていないので57桂成がきつい。上部が脆い。

僕はここで攻め合いなど全く思い付かず、受けることだけを考えた。しかし、今思うと23歩成として攻め合うのもありだったか。もう57の地点は受からない。駒損を避けられない。先手の主張はなにもないのに、駒損はしたくない。ただ、5筋からのと金攻めが早すぎると思う。玉まで2マス。対して23のと金は4マス。やる気しない。



受け続け、危ないとこもあったが、最後にはこうなった。ここまで来ても相手は投了してくなかった。自陣に駒を投入しすぎて攻めてがなく、また31金と4二銀、さらに馬まで付いていたので飛車も打ち込めず、ずっと手を殺して受け続けるしかなかった。先手の飛角桂得だ。飛車角持っている分2枚落ちの下手より有利だ。後手も駒落ちの下手のように守りの桂馬まで使って攻めてきた。もう勘弁してくれ、という感じだ。
受け将棋とは、駒を埋めること、数を足すことだと思っていた。しかし、この将棋は相手への攻めがさっぱりなく、ずっと受けるしかなかった。自陣に駒を投入しすぎた。受け将棋も考えもんだな、と思った一局だ。もう二度とこんな将棋は指したくないと感じた。ここから負けるのはあまりに屈辱的であるので、神経を巡らして受け続けた。一部、危ないところもあったほどだ。

後手はこの金一枚で守る中飛車ばかり指しているようだ。序盤でしっぱいしたので、他の人の対策が知りたくて対局相手の棋譜を検索した が、相中飛車・相振り飛車・▲47銀型(5筋位取らせ穴熊・矢倉など)・変態戦法(アヒルなど)の順で多かった。5筋の歩を突く位取りを拒否する形は2局しかなかった。

局後受け方は考えたが、しかし受けばかりで、攻め方が分からなかった。居飛車だし攻めたいところ。

非常に疲労した一局となってしまった。
大山先生の反抗の受け、の重要性がよく分かった。

2010年5月15日

将棋:受けを覚えた

え?なんで将棋指しているの?というところだ。将棋やめようと宣言しただろう?
しかし、2ちゃん・名人戦…将棋に関わっていて、そこから離れるのは難しいのであった。

将棋の技術に関しては、全く勉強していないが受けを覚えた。以下全てフリーでの対局だ。

まずはこれ。後手のぼくが対振り飛車右玉で先手は四間飛車だった。このころ右玉に憧れていた。マニアックなところと受けという部分が輝いて見えたのだ。
この将棋を指してから駒割にとても敏感になった。歩損すら気にするようになった。
図では後手の角桂得である。図に至るまで後手はずっと守りの手しか指していない。

ここで同歩ではなく、8三金と指してしまい、以下寄せられ負けた。

 次はこれ。後手がぼく。右玉と右四間を見せた居玉の形から乱戦になって、今後手の僕が玉を寄ったところ。後手の銀2枚得だが、とにかく安全を重視しての玉寄り。めっちゃびびっているともいう。
この将棋は順当に勝った。居玉から最終的に木村美濃になった。

次はぼくが四間飛車を指した将棋。右四間を食らって、崩壊した先手陣だが、駒を埋めまくって今、89金と飛車取りを受けたところ。今までならぼろぼろになっていたところだが、とにかく受けて、結果的に竜を捕獲できた。しかし将棋は馬捨ての強手を食らって負けた。

最後は対抗形から。後手の居飛車がぼく。鷺宮から桂得し、と金も出来たこの場面で85歩。今までならこんな歩は思い浮かばなかったに違いない。と金があるので攻めはきれないし、2枚飛車なんだからこんな歩打たないで攻めろよ、という感じだが、さんぜん振り飛車に苦しめられたぼくは(対振り飛車は9割負けている。美濃が堅すぎる)舟囲いのもろさを痛感したので、安全第一で指したのだ。
ここで相手ダウン。こんな指し方されて萎えてしまったのだろうか。

以上、こんな感じ。受けていて、歩損にまで注目した結果、やっと将棋の数の概念を身につけた感じだ。受けについては大山先生は反抗の受けが大切だ、と説いているが、ぼくの受けは相手の攻めを切らす・駒損を避ける、数を足す、という単純なものだ。言い換えれば、今までこの単純なことができなかったともいう。
さっぱり詰め将棋や定跡の勉強はやっていないので、読みは浅い。負けてばかりである。しかし、次は勝てると、根拠のないギャンブル中毒のような心理で、指し続けてしまうのであった。バカな人間がここにいます。