2010年5月24日

何度でも将棋

「うーん、将棋、ね。また?学ばないのな…もういうことないよ」
って感じで呆れられてしまうほどに将棋ばかり(勉強はなし)という日々です。

大和証券杯
 羽生-三浦名人戦第5局カードは羽生の勝ち。最後の詰み見事だった!羽生さんは飛車切った時点で読み切っていたというが変化も結構めんどうだった。でもプロはひと目なんだろうなあ。4四桂の時点で解説の田中寅彦も詰みに気付いていた。
これをみて、やっぱり将棋は終盤だ!と思ったところ。

駒得に目覚めた
最近詰め将棋を全くやっていないので、駒割に敏感になった。ちょっと前までは歩損なんて気にもしなかった。特に歩の拠点に金銀打ち込んで相手の金駒をはがすとき、歩一枚損をする、なんて全く気にしていなかった。ここに気付かせてくれた右玉には感謝です。

戦型は相居飛車模様になったら(相手が飛車先の歩を突いたら)自分から角交換して角換わりに持ち込むことにしました。先手腰掛け銀相手の後手棒銀の指し方を知って棒銀の幅も広がった。

悪循環?
でも相変わらず、本気で将棋をしよう、と思っていないのでレートでは指していません。もっぱらフリーです。レートで指すなら詰め将棋とか手筋の勉強してから…という転ばぬ先の杖みたいな考えがあって、レートではなかなか指す気になれません。勝ちたいのならもっと勉強してからと思っています。しかし、勉強しようと思うと、そもそもなんで将棋指しているんだ?やめたんじゃないのか?と自問し、やめてしまいます。しかし、ネットやると2ちゃん将棋板見たりニコ生みたりで将棋指したくなります。そして「遊びだから」という理由で将棋指します。
うひゃー、ぼくの性格終わってますかね。精神が駄目ですね。

アニメの感想
WORKING!!
いちばん面白さが安定しているアニメになってしまった。登場人物が可愛いだけでなくキャラが立っているのがいい。特に伊波さん。

いちばんうしろの大魔王
勇者ブレイブって何だ?なんだか意味分からないアニメになっていた。

四畳半神話体系
マルチ商法の話。やばい。面白いけど、しかしこれはいいのか?ちょっとあぶないぞ。

B型H系
(‘ワ‘) フツー

0 件のコメント: