2010年6月29日

将棋:2連敗(R345)

詰将棋に興味が出来、ひとつ作ってみようと思い立つ。布団の中、頭の中で作る。難しさに詰将棋の奥深さを実感する。
拙作第1号。7手詰。43歩がひどい。
▲3一角成 △3三玉  ▲4二馬  △2二玉  ▲3一銀不成  △1三玉  ▲2二銀打まで7手詰
 31角成~4二馬と馬を作る筋がやりたかった。捨て駒もないし、およそ詰将棋とは言い難い。

さて、実戦の方は2連敗。
勉強は詰将棋と棋譜並べ(疾風谷川将棋)オンリーだ。それで強くなっているのかどうか…。

戦型:相横歩取り
▲相手(勝ち)-△自分
 飛車角総交換の後、46角に64歩としたところ。低級なら同角と取るだろう、と思って指した。研究にはめてやろうという魂胆では強くなれないか。狙いは同角なら28歩、同銀、24飛で角銀両取りで決まる、というもの。

 横歩取りの大局観が悪いぼく。相手に自陣が崩せるわけなし、と徹底的に受けていたらぼろぼろにされた。そして、図で「詰まない」と読んで66歩。
5二金、3一玉、7一竜(ここが盲点だった)で合利かずの詰み。いや…3手詰とかバカにできませんな。頓死。ひどい。
相横歩取りは2度目。1度目は先手で指した。後手は1手損角換わりにしようと思っていたが、受けるばかりなのが嫌で横歩取りを選んだ。

戦型:四間飛車玉頭銀
▲自分-△相手(負け)
 王手馬取り。これもまたひどいものだ。ぼくは王手で桂を取るものとばかり思っていた。そんなやっすい駒より大きい獲物が落ちていた。時間使って考えてこの有様。悲しいですね。

 何とか後手玉に食いついていったがここで先手玉は即詰み。7八金、同玉、5八竜、6八香、8九銀、7九玉、7八香まで7手詰。実戦で読み切れたのは詰将棋の成果だろう。相手は読み切れなかったようだ。その分だけ自信がつく。対局には負けたが、詰みを読めたのは俺だ、と。…・むなしいか。

時間をいっぱい使って考えて指しているが、それでも読み抜けが多い。今日の2局はどちらも酷い悪手をぼくが指した。正確に読みたい。

0 件のコメント: