2010年7月26日

将棋:戦法の学び方

対四間飛車鷺宮の形になった。思いっきり序盤しっぱいして負けた。
古本のNHK将棋講座テキストで木村一基の急戦・四間飛車破りを持っているので、それを参考にして鷺宮定跡を盤に並べたが、これ難しすぎるだろ。

定跡を知っても、実戦では形が広すぎるので役に立たないことが容易に予想される。ぼくの過去の棋譜を見てみたが、玉頭銀が非常に多い。次に45歩ポン。3二銀型で待機して、5七銀左を確認して45歩ポンで急戦は回避され、4三銀型は玉頭銀とかが多い(しかもそれで負ける有様)。45歩早仕掛けは、割と定跡の展開になる。
鷺宮も45歩ポンがかなり面倒な印象。65の位を取れば作戦勝ち、というが、ソフトと指すと、6五の位を目標にされ玉頭戦になり、これで居飛車いいとは思えない。
こんなめんどくさいことになるなら、居飛穴を覚えた方がマシな気がするし、右四間とかの方が分かりやすいかとも思う。とはいえ、角交換四間飛車なんてものがあるので、角交換を恐れていては居飛車急戦は指せないのである。なんで居飛車急戦やってるのか分からなくなってくる。

ソフトと対局してみても、なんだか、難しい捻り合みたいになって勝てないし、精神が悪いのか気を入れて読むことも出来ない。

それでぼろぼろ負けて気分悪くなって、「なんでぼくは将棋やってんだ?」と自問する有様である。
これなら詰将棋やった方が数倍良いと思う。
今日一日で将棋と向き合っていた時間は長いが、さっぱり身についていない。学問に例えるなら、参考書をひろげて、漠然と読んで、理解できず放り投げる感じだ。そして難しさから未来に絶望しやっていられない心境になるのだ。
将棋が強くなるためには集中力と情緒の安定がほぼ必須と思われるが、どちらもぼくにはかけている。

ちなみに、ボナ一秒、こちら一分でゴキ中対2枚銀で対局してみたが、これも負けた。ソフトは中盤弱いとかいうけど、さすがに24の低級より遙かに強い。当たり前だ。とても難しい。
K-Shogi初級とやってもぼろぼろ負ける。王手飛車とかかけられて…。

うーん、なんか将棋やるとか以前に精神をどうにかする必要がありそう。
やってらんない。

0 件のコメント: