2010年9月29日

将棋:後手角頭歩戦法

序盤の勉強したくないがここまで来てしまった。
後手角頭歩戦法だ!



この動画でその戦法を知った。奇襲の一種だが、ぼくが魅力を感じているのは序盤から一気に終盤に持ち込むことができるところ。序中盤より終盤に自信があるぼくにはまさにうってつけの戦法に思えた。
正しく対応されると不利になるのは奇襲らしいところである。しかしその正しく、というのも難しい。
かなりやっかいな変化ばかりらしい。詳しくは分からないが…。

一応自分なりに、挑発に乗らず飛車振ってきたら角道不突を活かして、居飛穴音無の構えに組むとか、考えたのだが、問題があって、基本的に角頭歩は、相手が居飛車の持久戦だと、角頭歩が負担になるため振り飛車が基本になる。超急戦の入り口から相手が飛車交換にのってこなかったときも、流れから振り飛車になる。しかしぼくは居飛車党である。居飛車にするには、菊水矢倉に組む・銀冠にする・右玉にする、なんていう方法があるが、全て角交換が前提である。角交換できないと、角頭歩をカバーする桂跳ねがかなりやりにくい(とはいえ、やりにくいだけで研究すればいけるかもしれない)。居飛車党の自分にはなかなか難しい戦法だと思った。

また、もう一つ問題があって、肝心の超急戦の乱戦でさっぱり勝てないのだ…。どうやら居玉の飛角もった乱戦が苦手らしい。そんなバカなって感じだ。それじゃあ角頭歩採用した意味がないだろう。

そんなわけで、昨日は24のフリーで角頭歩ばかり指した。
戦績(うろ覚え)
超急戦:1勝3敗
対振り飛車持久戦:2勝0敗
居飛車右玉:0勝1敗

こりゃ、ちょっと正式採用は無理かな…。
よし、次は初手36歩と△74歩を試してみるか!これは居飛車の奇襲だし。
へんな序盤やめろってのはなしな!

2010年9月27日

将棋:早指し(R553)

楽しめればいいかな、と思って早指し2でR戦を指した。勝ったけど、疑問手悪手のオンパレードだったぜ。
早指しで持ち時間30秒なのに、30秒きっちりかんがえていないしな。ひでえ。
終盤強くなりたいのと、詰め将棋が一番やっていて分かりやすいし楽しいから詰め将棋を解いているが、終盤全体が強くなるためには、寄せの知識と必至とかやらないとな。

2010年9月25日

将棋:詰め将棋おもしろい(R536)

Rで同じくらいの相手と指すと、±16じゃん。ということは、4連敗すると64減るわけよ。
つまり、確か583がぼくのレートの最高値だから、そこから2連敗したら低級に落ちるようにできてるんだ。
そりゃ、2連敗で落ちるんじゃ、落ちますよ。今までだって、結構4連敗とかしてたもんね!

しばらく、実戦から遠ざかるのも感覚が鈍って嫌だな、と考えて適当に将棋3局指した。
2勝1敗でした。早指し2で、フリーで指してから、Rでも早指しで良いかなーと思ったけど、早指し2って自玉の詰み読む時間ないじゃん。
と思ったので15分で指した。こっちの方がいいね!たぶん。

一昨日あたりフリーで中飛車指して、相穴熊になったんだけど、結構楽しかった。
振り穴と居飛穴オンリーの穴熊党にでもなろうかな…。とか考えちゃったぜー。
さすがに、これはないか。薄い玉形で攻め合いたいぜー。

勉強は詰め将棋と棋譜並べ。棋譜並べはあんまり進んでない。
詰め将棋は面白い。
序盤勉強するの嫌になっきたなー。右玉とか角頭歩とか指そうかなってすら思うよ。
まあ、なんでも指してみます。
楽しまないとねー。

2010年9月20日

将棋:4連敗(R516)

昨日の詰み見逃し一局、桂間の利きをうっかりして3手頓死一局、勝勢から受けつぶしに失敗し入玉にも失敗し詰みのチャンスがあるも詰ませられず逆転負けが一局、5筋位取りをするも角切りから一間竜ですぐ詰んでしまったのが一局。
計4局。
逆転負け2局、頓死1局、すぐ詰まされてしまったのが一局。
どれも詰みに関係している。

今日は朝から詰め将棋を解いた。5手詰HB難しかった。盤に並べてやっと解けた。
そんな状態じゃ将棋指しても駄目だったのかもしれない。
終盤自信あったし、詰みには自信あった。でも、最近詰め将棋やってなかった。衰えていたのだ。

気がつけばR516。低級だあ。
名簿(棋譜でいつも調べていたが、名簿だと最高Rが分かる、と最近知った。)で対局相手を調べると、皆最高R1000とか700とかだった。びっくりだ。ぼくは最高R580ぐらいだから、60程落ちた程度さ。些細なことだ。と自分を慰める。

しばらく対局から離れて、一週間くらい詰め将棋と棋譜並べに励もうと思う。
将棋指すのに大体1局1時間くらいかかるから、その分棋譜並べとかする。
今は将棋が雑でどうしようもない。

しかし、こんなことをブログに書いて思うんだけど、なんで将棋指してるのかなーって思うね。
負けず嫌いだからかな。勝てば、嬉しいもんな。

2010年9月19日

将棋:終盤で逆転負け(R562)

○四間飛車-▲斜め棒銀(俺)-△四間飛車

図は先手番で、56金を取っても勝てそうである。しかしそれは43角が嫌だった。
実戦は、6二竜、同金、5一飛成と一気に決着を付けていった。
これが好判断で勝ちとなった。


●棒銀-▲棒銀端攻め角交換型-△(俺)
この将棋は、終盤、圧倒的有利な状況から大逆転負けをした。
ぼくは終盤だけは得意だと思っていたし自信があった。それだけに大ショックである。
図は43歩とした場面。先手玉に詰みが発生している。
59角、6九玉、77角成、49金、59金、同金、同竜までの7手詰。77角成、となるのが大事なところである。この筋は角と飛車の開き王手の代表的なものである。
実戦ではこれが見えず、48角成としてしまう。そして、49金と受けられた。

以下、成算がないままに5八馬と馬を切ってしまい、さらに、王手は追手で先手玉を安全にしてしまった。2枚換えで駒得だが、終盤は駒得より速度である。金銀4枚あっても、さっぱり寄らないのでは問題にならない。
まだ、それでも、42歩成に対して、62金と躱せば、余裕があったものだが、さっぱり自陣は見ていなかった。

以下、もつれて、ボナで解析すると全くの五分にまでいく。しかし、それは受ければ、であった。
実戦では、詰まない先手玉を詰まそうとしてしまい、自爆した。

終盤が得意、なんていうのは嘘だった。泣きたい気分。
自陣と相手陣が相互に関連しているのが、実戦なのである。詰む詰まない、だけじゃいけないのだ。
そして、その詰む詰まないすら間違ってしまった。
ショック。「終盤は落ち着きがものを言う」と大山の寄せと詰めの極意に書いてあった。
落ち着こう。 うん。

※追記:簡単な詰みを逃してから、先手玉に詰みはないので、縛って詰めろをかけるべきであった。詰まそう!という気持ちから抜けだせなかったのである。
そのため、無駄な王手や、自陣をさっぱり顧みない手、などを指してしまったと思われる。
一度気持ちを落ち着ける必要があった。局面は一手ごとに、条件が変化しているのだ。

2010年9月18日

将棋:打ち歩詰め打開


詰将棋作った。9手詰。打ち歩詰め打開の問題となった。
非常に簡単で一本道の手順だが、打ち歩詰め打開という趣向を盛り込めて満足している。


正解手順:2二と、同歩、12歩、同玉、2四桂、1一玉、2三桂、同歩、1二竜まで。

2010年9月16日

将棋:定跡の矢倉を指す

24のフリー早指し2で指した。
▲相手-△自分。相矢倉戦。
▲3七銀戦法対△43金の戦いとなった。
この局面は羽生の頭脳5に載っているのだ。どうやら定跡で戦っていたようだ。定跡では先手有利となっている。△43金▲35歩に同歩と取ったのが悪手らしい。矢倉は難しい。
以下、△51角(何故か△同歩は▲74歩で駄目と思い込んでいた)▲74歩、△7二飛と進んだ。

図は最終盤。先手玉に対し必至をかけ、あとは後手玉が詰むかどうかの勝負である。
大駒4枚をコンプリートされている。必至をかけることに忙しくて、自玉の詰みは読んでいられなかった。
実戦は▲34角から見事に即詰みに討ち取られた。▲34角からこの局面即詰みらしい。つまり負けである。

序盤~中盤の入り口まで定跡で進行し、終盤は必至をかけ、即詰みに討ち取られる、というなかなか内容の濃い勝負となったと思う。
少なくとも、序盤から敗勢、なんていう戦いではなかったし、終盤もどっちが勝つか分からなかった。
力を出したからか、負けても全く悔しくなかった。必至をかけたとき、ここから詰まされるのならしょうがない、と思っていたからかもしれない。
こういうのが良い将棋、というものなのだろう。充実感があった。

2010年9月15日

将棋:詰将棋中心の決心を抱く(R561)

古本屋で中田章道短編詰将棋代表作を見つける。7手~15手までの短編だが、1問目から合駒限定・不成もの、というマニアック+難解さで、購入の決心に至らず店を出た。古い将棋世界や近代将棋でこういった詰将棋はカバーできる、とも思った。

○角換わり ▲腰掛け銀(俺)-△銀冠
56角に対し、8四飛と軽く受けたが、22歩で技あり。
後の5五桂もあって、駒得が大きく、そのまま押し切り勝ち。


●斜め棒銀 ▲棒銀-△3三角型(俺)
序盤の見落としで、いきなり悪くなって負け。
互角の終盤戦がない。

中田章道短編詰将棋代表作を見て、詰将棋への取り組みを頑張ろうと思った。
楽しく解きたい。

2010年9月5日

将棋:ぽか~ん2!(R558)

後手番なら2手目84歩と突くことにしたわ。矢倉はどうせ、76歩、34歩、66歩、8四歩、6八銀からでもなるし。だったら角換わりで飛車先の歩が伸びていた方がよい!との考えで2手目8四歩なんだが、とうとう来ました。
角換わり先手棒銀が。

そして、定跡ではこんな感じだったよな、とろくに読まずに指した結果が、中押し負け。ひどいもんだ。
泣きたくなったぜ。棒銀強力だな。ちゃんと手を読もうぜ。

ここでやめときゃいいのに、2局目指して、なんとツノ銀中飛車だよ。自分がやると穴熊にされて負ける戦法だ。それに対してうろおぼえ3八飛戦法。そして、中盤で角のただ取り(正確にいうと角銀交換だが、角に紐がついてないのを失念していたので、気持ち的には角損)を許し中押し負け。終盤勝負にすらもっていけねえぞ。

そんな感じでぼろぼろです。気分も落ち込んでます。負けて面白いわけがない。
フリーでは、玉頭位取りで完勝したのにな。ちくしょー。やってらんねえ。

 これがフリーで指した玉頭位取り。
8七香に8六香と打ち返してきた局面。駒柱完成。
以下の手順が会心の出来である。図以下、同角!、同歩、同香、85歩、同銀、同銀、同香。

8七香がグイグイ前進した。
同角とるのが攻めをスピードあっぷさせる手で、同香、同歩、85香は同銀と取られても8七銀とぶち込まれても嫌な気分だ。同角と取れば、同歩の一手。

結果は、83香成と7一銀の両狙いで先手勝勢である。実戦は△6一銀とし、▲7一銀を避けたが、83香成から後手玉は即詰みとなった。

せめて終盤まで互角で進みたいところ。最近相手のポカに助けられたが、自分もひどいポカをしてしまう。これが10級の将棋か。低級と変わらないぞ!
泣きたいですけど(木村先生風に)。

2010年9月4日

将棋:ぽか~ん(R587)

中級になって2連勝中。対中飛車と対四間飛車だったよ。
対四間飛車は必勝から、桂間の利きに馬が飛び込むというとんでもないポカで、馬をプレゼントしてしまったが、なんとか寄せで勝った。
中飛車はいつも通りの2枚銀戦法で、▲76歩を飛車でかすめ取られるという小さなポカもあったが、ぎゃくに窮屈になった相手の飛車を詰まして勝ち。しかしこの対局は王手飛車の筋があって負けてたかもしれないというのが分かった。

そんな感じで、ポカばかりだけど、序盤の貯金で勝ってるよー。フリーで指したけど、こちらも2連勝。銀冠で、振り飛車穴熊を破ったりと、結構楽しい。
対中飛車2枚銀戦法。6七玉がやってみたかった手。顔面受けって奴だ。
こんな薄い玉形になりやすいのが2枚銀の特徴。しかし盤面中央は完璧に制圧している。
この後8五銀から飛車を詰まして勝ち!飛車さえなければ怖くないのだ。将棋は飛車が大切。

もうあと一つ勝てばレート600だってさ。ずいぶん楽に進んでるなーと思ったら7連勝中だった。この運が尽きたときが怖いねー。

美濃囲いの詰め手筋
図は端にぶち込んだ格好。実はこれ即詰みである。
昨日、この詰め手筋を知って、実際に今日フリーで出現した。

必要条件(他にもあるけど大体こんな感じ?)
  • 端を詰める。
  • 39がふさがっている。
  • 金2枚(一枚は飛車でもOK)が持ち駒にある。
この条件の時、端の17の地点に駒をぶち込んで清算して玉を裸にすれば持ち駒が金金桂香となり、2五桂から即詰みなのだ。
昨日これを知って、びっくりした。
こういう詰め手筋って光速の寄せとかに載っているのかなー。もっと知りたいな、と思ったのでした。

2010年9月1日

将棋:今までのまとめ

低級脱出したので今までのことを振り返ってみる。

振り飛車
対中飛車:11勝10敗
対四間飛車:12勝19敗
対三間飛車:6勝6敗
対向かい飛車:3勝5敗
三間飛車:1勝0敗
相振り飛車:2勝0敗

計:35勝40敗


居飛車
矢倉:6勝12敗
角換わり:14勝7敗
相掛かり:4勝1敗
横歩取り:2勝5敗

計:26勝25敗

その他:15勝9敗

24で対局してから今までの合計はこんな感じ。でも、この表は実際の戦績とはずれがある。
この表はkifuexplで出してるんだけど分岐を入れて中断された局は、kifuは、勝敗の扱いが中断になってちゃうんだよね。
それの直し方もよく分からないので、放置。で、こんな結果に。実際は84勝81敗。
対振り飛車負けてるね-。特に対四間飛車がひどい。で、居飛車が勝ってるのかと思ったらそうでもなかった。
角換わりは勝ってる方だけど、矢倉で負けすぎだな。

8月の戦績
矢倉:3勝1敗
対抗形:10勝5敗
角換わり:5勝1敗
その他:4勝4敗

計22勝11敗

8月はこんな感じ。 どれも勝ってるけど、その他の4勝4敗ってのがね。奇襲戦法に負けるとおもうとちょっと悲しい。
対抗形は初めての勝ち越しかなー。対抗形で勝てるようになったのが低級脱出には大きいかと思う。
角換わりはやはり得意みたいだ。結構勝ってる。

24レートで指した月を振り返ってみる。

2009年8月:3局
2009年9月:2局
2009年10月:2局
2009年11月:24局(106-190)
2009年12月:43局(193-290)

2010年1月:21局(291-283)
2010年2月:4局(296-280)
2010年3月:1局
2010年4月:8局
2010年5月:9局
2010年6月:9局(287-345)
2010年7月:3局(361-378)
2010年8月:34局(379-555)
これを見ると集中して指した局は2009年11月・12月と2010年1月・8月の4ヶ月間ってのが分かる。それにしても12月の43局は異常だな。自分でもびっくりだ。こんなに指してたのかー。
2010年2月から7月までは34局。6ヶ月で8月分の対局数ってことになる。それでも、1週間に1回は指している 計算だから、そんなに将棋から離れているような感じじゃない。
2010年8月は、一週間ほど自転車に熱を上げていて全く指していなかったけど、後半指しまくった。
ちなみに自転車熱は冷めては来たけど、まだまだ乗ってる。サイクリングロードでロードバイクとすれ違ったりしてる。
後ろの数字は24のレート。これを見ると、なかなか300超えられなかったことが分かる。300に壁があったんだな。2010年1月は対局数の割りに伸びてないね。なんかあったのかな。このブログを読み替えてみると、ウソ矢倉に負けまくってるって感じかな?

 これ見ると、指せばレートは上がるってわけでもないみたい。6月なんて9局しか指してないのに伸びてるし。でもいっぱい指すことは大事だ。

今は原田詰将棋で7手~11手を10分くらい時間かけて解くのが楽しい。
他の将棋の本はどうやって読めばいいのかよく分からないけど、詰将棋は目的がはっきりしているのがいい。詰ませばいいわけだし。

さーて、低級脱出して、次の目標は上級・・・の前に中級に定着しないとな。
とはいえ、もう将棋をばんばん指すような気持ちじゃないなー。
8月中も、将棋の勉強は詰将棋を20分くらい解くぐらいで、ほとんどん実戦と感想戦だったから、そんなに勉強しているわけじゃないんだけど、とにかく実戦は疲れる。
勝ち負けは精力を使うんだよなー。
これからは、おおらかに負けてもいいじゃんって指すかなw

将棋:低級脱出!(R555)

2局さして2連勝で、低級脱出だ。ひゃっほーい。
いやー。ながかったわー。
どうにか8月中に低級脱出の目標が達成できた。よかったよかった。

1局目は後手の力戦四間飛車。なんせ2手目△4二飛だもんな。
中盤金得して、相手の攻め駒が飛角しかないから、大丈夫、と思っていたら、香車拾われていて、田楽刺し食って、一気に絡まれた。相手の攻め読んでなかったぜ。

実はそこで受ける必要がなかった(速度で勝っていたので攻め合いで十分だった)んだけど、全く攻められると思っていなかったから動揺しちゃった。受けていて、相手の攻めが切れているとしか思えなかったが、しかしそれでも上手く食いついてくる。
しかし、駒得と玉形の差で勝利。

2局目は後手の僕の一手損角換わり。先手は早繰り銀。
 44歩に3七桂と跳ねた先手。ここは83歩型をいかして4二飛としてみたくなった。他には6五歩と突いて64角を狙うのも考えた。
以下、先手が24歩と突いて、歩を渡してしまったため、桂頭攻めの歩が手に入り、後手の快勝に終わった。

戦型選択だけど、今は矢倉とか角道止めたじっくりした将棋が指したい気分で、序盤早々角交換するのってどうよってすら思うようになった。昔の自分がこれを知ったら信じられんというだろうな。
一手損角換わりって受け見になりやすいのがちょっと嫌。とはいえ、角道止めて、右四間飛車されるのは嫌だしな。
 2手目8四歩と突くことすら考えている。前は先手矢倉を受けなければいけなかったから嫌だったけど、今なら矢倉もありかなとすら思っている。

低級脱出の軌跡は明日まとめるつもり。戦型別の勝率とか出す感じで。
正直、しばらく将棋さしたくないw疲れたよー。