2010年9月20日

将棋:4連敗(R516)

昨日の詰み見逃し一局、桂間の利きをうっかりして3手頓死一局、勝勢から受けつぶしに失敗し入玉にも失敗し詰みのチャンスがあるも詰ませられず逆転負けが一局、5筋位取りをするも角切りから一間竜ですぐ詰んでしまったのが一局。
計4局。
逆転負け2局、頓死1局、すぐ詰まされてしまったのが一局。
どれも詰みに関係している。

今日は朝から詰め将棋を解いた。5手詰HB難しかった。盤に並べてやっと解けた。
そんな状態じゃ将棋指しても駄目だったのかもしれない。
終盤自信あったし、詰みには自信あった。でも、最近詰め将棋やってなかった。衰えていたのだ。

気がつけばR516。低級だあ。
名簿(棋譜でいつも調べていたが、名簿だと最高Rが分かる、と最近知った。)で対局相手を調べると、皆最高R1000とか700とかだった。びっくりだ。ぼくは最高R580ぐらいだから、60程落ちた程度さ。些細なことだ。と自分を慰める。

しばらく対局から離れて、一週間くらい詰め将棋と棋譜並べに励もうと思う。
将棋指すのに大体1局1時間くらいかかるから、その分棋譜並べとかする。
今は将棋が雑でどうしようもない。

しかし、こんなことをブログに書いて思うんだけど、なんで将棋指してるのかなーって思うね。
負けず嫌いだからかな。勝てば、嬉しいもんな。

0 件のコメント: