2011年8月25日

4連敗(´・ω・`)

今日一日仕事以外は将棋とプログラミングのこと以外ほとんど考えてないのに4連敗だよ。
おかしいじゃん!?

辛いけど、敗戦譜を見てみようか・・・(´;ω;`)ウッ…。

先手が私。図の局面は2七銀と縛ってきたところ。この局面先手玉はかなり危なそうにみえるが詰めろじゃない。なので8四飛と打って勝ち。しかし実戦は詰めろと勘違いして、しかも開き王手の王手飛車の筋を見逃して入玉を許すという大逆転負け。終盤の読みが酷すぎた一局。
後手が私。先手三間飛車に急戦を仕掛けたら78金とあがって角交換に備えられた局面。桂頭を金で守ってたら歩で押さえられた。83金は気合負けの気がして65金とでたが、完全に無理で、いいところなく終わった。
後手が私。7筋を突っかけから42金とあがるという酷すぎるポカ。当然75歩と歩を取られて、以下どんどん自分から悪くして負け。
後手が私。8筋・9筋で大きな戦果を上げた私だったが、そこを強行突破しようという64角はかなり強引な手だった。本局は15分で指して、かなり考えて頑張ったのに、終盤で急いで寄せて負け。

終盤のミスと序盤の定跡を知らないのが敗因

終盤は相居飛車の終盤になれていない、というのが上げられる。
今まで穴熊の切ったりはったりが多かった。
私は小駒のやりとりで局地戦を一直線で読むのが得意なのだが、急戦だと玉が広いのでなかなか捕まらない。
そういう場面での寄せの大駒の使い方になれていないようだ。
また、攻めに関してもひとつ待つ、というのが出来ずかなり強引に攻めてしまうようである。
最後の4局目なんてその典型と言えよう。

序盤に関しては対振り飛車の急戦がひどいものになっている。
低級時代は斜め棒銀を指して、対振り飛車棒銀など13級の頃指していた戦法だ。
全然覚えてない。
序盤の知識・手筋がないのは相居飛車も同様で、4局目などは端攻めしか狙っていない。
もっとやりようがあるはずだ。

勝つためには?
序盤:定跡と手筋を覚える。対振り飛車の急戦と対居飛車の棒銀。
終盤:大駒を使った寄せを学ぶ。またきちんと読むことを心がける。焦りは禁物。速度計算をする。

振り返ってみると4連敗したのも納得の内容であった。
私は弱いようだった。
(´;ω;`)ウッ…
なんで将棋やってのか分からないよ。勝てないと全然楽しくないよ。
辛いことばっかりだよ。

Rは760に。42も落ちました。4連敗したけど全部格上挑戦なので42で済んだとも言える。

0 件のコメント: