2011年9月19日

3手詰から

3手詰こそ詰将棋の基本だよ。
私は最近3手詰ばかり解いてる。これがなかなか面白い。さくさく解けて気持ちいい。
アマゾンで3手5手の詰将棋をたくさん注文した。
詰将棋は楽しいね。自分のレベルにあった問題を解くのがいい。
プロ棋士も上達には簡単な問題を数多く解くのがいいと言っているからね。

24では5連勝。600台まで落ちていたので勝てて当然ともいう。
後手が私。後手棒銀のしかけが成功し銀得に。図は端をぶち破っているところ。
美濃囲いを端だけで潰すと爽快だ。

 先手が私。互いに飛車を取り合った局面。59歩の底歩がまさに鉄壁。金底の歩岩より硬し。とんでもなく堅い。
 先手が私。向かい飛車に対し4五桂と跳ねた。同歩は22角成~24飛で角得。5三桂成もあり受けが難しい。
 先手が私。棒銀から捌き合って必至をかけた局面。自玉は全くの安全。
先手が私。嘘矢倉に対し米長流急戦で攻める。後手は右銀が出遅れているのが致命的だ。

0 件のコメント: