2013年8月19日

最近また将棋を指し始めた

私、アルカプを売りました。1900円でした。アルカプ中毒でした。
アルカプが手元になくなったので、最近は将棋指しています。
格闘ゲームより、棋譜を見て感想戦するのが簡単だし、対局中も持ち時間があって考えることが出来て、格闘ゲームをしていた頃より、勝負をしていて楽しいです。

今月はもう22局指しました。約2年間、実戦を一局を指してこなかったわけですが、その間に棋力は落ちなかったのか、24でのレートはほとんど変化してません。7~8級といったところです。

以下対局のハイライト。

 先手が私です。この9一飛で 後手玉は詰んでいます。9二合、9四香、同玉、9二飛成、9三合、8五銀まで。しかし実戦では私はもっと凝った詰みが見えて、ここから、9二合、8五桂、8二玉、9四桂、9一玉、8二銀と進める予定でした。

 後手が私です。銀冠に構えて、玉頭から攻めました。私は対振り飛車は玉頭戦に持ち込むのが好きで、そればかりしてます。図は1七馬の両王手に成功した場面。ここから同玉、4九龍(とれば2七金で一手詰)と進んで勝ちました。こういう手が気持ちいいです。

勝局を2局ほどハイライトシーンで振り返りましたが、レートが変わっていないと書いたとおり、実戦ではたくさん負けてます。
今のところ玉頭位取りと角換わり棒銀をメインにしてます。ただ、位取りは勝ちにくいですね…。

0 件のコメント: