2013年9月8日

将棋で熱くなる

24で将棋を指してる。今は9級。700点ぐらいだ。この前の記事で850点ぐらいだったから150点下がった。
2年間指してなくても棋力は落ちていなかったと、そう前の記事には記してあるが、そんなことはなかった。
序盤の知識が抜け落ちているのが大きく、序盤で不利になることが多い。
終盤での読みも落ちていて、詰み見逃しも多い。

今のところ序盤で負けることが多い戦型

自分が採用する戦法で負け越してる戦法を書いてみる。

玉頭位取り

そもそもこの戦法は序盤の苦労が絶えない戦型。相手に仕掛けられたときの対処法を知らないと辛い。急戦にすべきか。

ゴキ中

昔は47銀の2枚銀急戦を使っていたが、時代は超速一辺倒である。47銀も定跡をかなり忘れていて厳しいことこの上ない。無策穴熊の方がまだましな気もする。

急戦矢倉

前から米長流でやってるが相手に飛車を睨むように角を据えられたときの対策が分かっていない。自分から仕掛けておいて失敗することが多いので勉強が必要。

相懸かり

ひねり飛車にしているが、相手にきちんと構えられたときの攻め方が分かっていないのが判明した。攻めるために37銀とか縦歩棒銀とかにすべきか?

0 件のコメント: